<< やっぱりラフマニノフ | main | バッハに目覚める >>

肉団子のような演奏

0


    サラ・デイヴィス・ビュクナーが先日のハワイシンフォニーのプログラムでガーシュインのピアノ協奏曲を演奏しました。

    協奏曲のレパートリーが100曲以上あると演奏者紹介の中に必ず書かれているサラ、、、おそロシア。

    そそ、ロシアといえばサラはチャイコフスキー・コンクールの入賞者でもあるんですね。

    その当時はまだサラではなくデイビッドでした、と当時のCDを持っている友達から数年前に聞いた時には、あ、言われてみれば分かるようなー、、、という感じでしたが、大の阪神タイガースファンだというサラのマスタークラスや演奏を聞く限りでは、すごく女性的な演奏だと思っていたのですが、、、

    今回のハワイシンフォニーとの演奏では、わたしの貧しいボキャブラリーからは肉団子のような、という形容が精一杯なのですが、ま、そんな印象を持った訳です。

    男性のピアニストならあんなに弾みながら弾かないかなー、と思いつつ、、、

    でも、女性でもあれだけ弾むことはないよなー、と思いつつ、、、

    やっぱり肉団子だ。と自分の中では納得しようとしたのですが、、、

    んー、ちょっと解析不能。

    ニューヨークタイムスに掲載された彼女のエッセイなど読んではみましたが、

    http://www.nytimes.com/2013/02/04/booming/growing-acceptance-for-the-transgendered.html

    本人ももしかしたらまだ模索中なのかもしれないな、と思ったり、、、

    でも、理解しろよ!と押し付けられるのもいやだな、と思ったり、、、

    演奏は素晴らしいものでした。
     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.07.13 Thursday
      • -
      • 18:30
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM