<< National Music Certificate Program | main | お友達もピアノの先生 >>

師匠の演奏

0

    わたしのピアノの師匠はハワイ大学の音楽部ピアノ課の教授だったPaul Lyddon先生です。

    今は引退されて、たまに日本に行ってマスタークラスを開催されるくらいなのですが、Paul 先生のお宅のピアノも実はベーゼンドルファーなのです。Paul 先生に教えていただこうと思った理由のひとつです。もうひとつの理由はラフマニノフの曲をよく理解されているからなのです。

    Paul 先生はラフマニノフのソナタ第1番と第2番を日本で初演されたそうです。第1番が1981年、第2番が1983年ですから、結構最近のことですね。ちょっとびっくりしました。

    その師匠が母の滞在中に家で演奏会をしてくださったので、そのときのプログラムをご紹介します。

    英語ですみません。

    Bach-Willman        Andante from the sonata in A minor for unaccompanied violin

    Mendelssohn        Two Songs without Words
                                    No.1 in E, op.19 No.1
                                    No.18 in A♭, op.38 No.6

    Brahms                 Intermezzo in A, op.118 No.2
                                 Rhapsody in G minor, op.79 No.2

    Grieg                     Two Lyric Pieces
                                    Arietta, op.12 No.2
                                    Remembrances, op.71 No.7

    Scriabin                 Prelude in B♭, op.11 No.21
                                 Etude in C♯ minor, op.2 No.1

    Rachmaninoff        Two Preludes
                                    G♭, op.23 No.10
                                    C♯ minor, op.32 No.12

    Chopin                  Barcarolle in F♯, op.60



    師匠はもうすぐ80歳のお誕生日を迎えるのですが、年齢を感じさせない力強い演奏でした。 


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.02 Wednesday
      • -
      • 04:46
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM