<< 遠隔ピアノ&英語レッスン | main | ハワイ島・ヒロでのコンサートに出演します。 >>

スポンサーサイト

0
    • 2018.05.15 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    Aloha International Piano Festival

    0

      第6回、Aloha Internaional Piano Festival の詳細について今日こちらのブログに書く予定ですと、日常ブログのほうに予告してしまったので、予告どおり!書きます。

      今回は、スケジュールが合わなくて、Norman Krieger さんのワークショップと最終日のリサイタルに行っただけなのですが、今日はNorman Krieger さんのワークショップのプログラムをご紹介しますね。

      Masterclass by Norman Krieger

      Mozart Sonata in C mafor, K.330
      III.Allegretto
      (10歳の生徒)

      Barber "Hesitation Tango" from Souvenirs
      (13歳の生徒)

      Rachmaninov Elegie Opus 3, No.1
      (14歳の生徒)

      Prokofiev Sonata No. 6 in A mafor, 4th mvt.
      (16歳の生徒)

      Brahms Violin Sonata No.1 in G major
      (年齢不詳の生徒。20以上に見えた。)

      16歳でプロコフィエフのソナタ。。。。
      はぁ〜。どうやったらそんな生徒が育てられるのか。
      と思いながら、でも、私はこの曲は選ばないなー。
      と思った段階で考えないことにしました。

      プロコフィエフについては、Norman さんが、フレーズごとにキャラクター、及び状況の設定をしてくれたお陰で、機械的に聴こえてきた音楽にいくらか人間味が出てきました。

      あとの4曲は好みの曲なので、いちいち言ってることが、流石だなーと思わされて、同時に基本的なことはどんな曲弾いても変わらないなー、と再認識させられました。

      Norman さんは特に拍を感じて弾いているかということを気にしてましたよ。

      そして、Normanさん、言っていることが何だかすごくスピリチュアルで、

      特に最後のBrahmsのピアノとバイオリンのソナタの解説については、

      Brahmsが天使に思えてきたわたしでした。

      あと、Normanさんが繰り返し実演していたテクニックは、

      ”音を引き出す”ということを、打鍵すると同時に手を自分のほうへ引き寄せることによって、引き出そうとする音に意識することでした。

      わたしはどちらかというと打鍵した手を上にあげていたので、バリエーションとして引き寄せバージョンもつかってみよっ、て思ってます。


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.05.15 Tuesday
        • -
        • 19:26
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << October 2018 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM